【PR】

お宮参りの写真はいらない?必要な理由と撮影は出張とセルフどっち?

お宮参りの写真はいらない?必要な理由と撮影は出張とセルフどっち? 子育て

お宮参りの写真はいらないの?撮影した方がいい?

赤ちゃんが生まれて最初の行事になるお宮参りで、写真を残しておくべきか悩みますよね。

お宮参りの写真がいらないと言われるのは、「着物や正装での撮影が大変」「赤ちゃんの表情がまだあまりない」などの理由があります。

しかし、我が子の記念すべき日に写真を残しておいてよかった!との声の方が多くありましたよ♪

この記事でわかること
  • お宮参りの写真がいらない理由
  • お宮参りの写真撮影が必要な理由
  • お宮参りの写真は出張とスタジオどちらがいいか

赤ちゃんの初めての外出と合わせて家族で撮影できる貴重な機会なので、良い写真を残しておきたいですよね。

この記事では、写真を撮る際に出張とスタジオどちらの撮影方法がいいのかそれぞれの特徴もお伝えしていきます♪

お参りだけにしようか悩んでいる場合は参考にしてみてくださいね!

お宮参りと言えば!の産着のフルセットがお得なお値段でレンタルできますよ♪

おまかせなので、どれにしようか悩む場合でもプロがすんなり決めてくれるので楽々です。

付属品もキレイで安心したとの口コミもありましたよ!

お宮参りの写真がいらないと言われる理由は?

寝ている赤ちゃん

お宮参りの写真がいらない理由って何なのかな?

お宮参りの写真がいらないと言われる理由には2つあります。

お宮参りの写真がいらない理由
  • 着物や正装での撮影が大変だから
  • 赤ちゃんの表情があまりないから

生後1ヵ月でお宮参りをする場合が多いので、表情がないときに撮影しても…。と悩むことがあるようですね。

しかし、お宮参りは大切な行事ですし、なかなか家族揃って撮影できる機会はないので残しておくチャンスです!

授乳やおむつ替えなど大変なこともあるかもしれませんが、後々考えると撮影しておけば良かった…。と後悔しないためにも残しておくことをおすすめします。

赤ちゃんとママのツーショットは常に抱っこしているとなかなか撮れないので、この機会に残しておきましょう♪

お宮参りの写真撮影が必要な理由を調査♪

笑っている赤ちゃん

お宮参りに写真撮影が必要な理由を知りたい♪

お宮参りと言えば、写真撮影をする!というイメージはありませんか?

必ずしも撮らないといけないわけではありませんが、「撮って良かった!」「必要だった!」との声も多くありますよ!

写真撮影が必要な理由
  • 赤ちゃんの初めての外出記念になる
  • 家族みんなキレイな格好をしているため
  • 家族全員揃った写真が撮れる
  • 写真映えする背景を考えて撮ってもらえる

いらない!と思っていても、あとから残しておけばよかった…。と後悔したくないですよね。

お宮参りの時に写真撮影をしてよかった!必要だった!という理由を1つずつ見ていきましょう♪

赤ちゃんの初めての外出記念になる

生後1ヵ月でそろそろ外出できるかな?の頃にお宮参りをする場合が多いのではないでしょうか?

赤ちゃんが初めての外出をした記念に、写真を残しておいて良かった!との声がありました。

可愛いベビードレスで、まだふにゃふにゃの貴重な時期を残しておきたいですよね♪

子供が大きくなったときに、見返すことを考えて初めて記念を残しておくのもいいかもしれません!

家族みんなキレイな格好しているため

お宮参りへ行くとなると、キレイめな格好をしたりおめかしをしたりするタイミングでもあるため、ついでに撮っておこう!という場合が多いです。

産後のママは、なかなかメイクをする時間もないくらい忙しいですよね。

家族みんなキレイめな格好でお参りをするので、ついでに撮った方が別日で時間を取らなくて済んだ!との声も!

お宮参りの撮影を後々撮ろう!と考えている場合は、一度で全て済ませておくと楽かもしれません♪

家族全員揃った写真が撮れる

家族揃って写真を撮る機会があまりないので、お宮参りの時に撮れて良かった!との声が多数ありました。

祖父母も一緒にお宮参りへ行く!という家庭も多いのではないでしょうか?

普段顔を合わせることがあっても、写真をみんな揃って撮ることはほとんどないと思うので記念になること間違いなしです!

特に両家でお宮参りする予定なら、いい記念になるので残しておくのがおすすめです♪

写真映えする背景を考えて撮ってもらえる

お参りする場所によっては、季節ごとで紅葉や新緑がキレイなところもありますよね♪

お宮参り先でしか撮れない写真映えするような背景で撮影ができるのも良かった理由の1つです。

プロのカメラマンさんにお願いすると、角度や背景にとことんこだわってくれるので満足できる写真が撮れるはずですよ!

お宮参りの写真は出張とスタジオどっちがいい?

転がっている赤ちゃん

お宮参りの写真は出張とスタジオどっちがにしようかな…?

お宮参りでの写真撮影は出張とスタジオどちらにするか悩みますよね。

それぞれの特徴があるので、お伝えしていきます!

出張
  • カメラマンさんに来てもらうため待ち時間がない
  • 好きな場所を指定して撮影できる
  • 天気に左右される
  • 衣装は自分で用意することが多い
スタジオ
  • データを追加すると料金が発生することが多い
  • 衣装を豊富に選べる
  • 授乳室やおむつ替えがスムーズにできる
  • 撮影に待ち時間がでることがある

出張の場合は背景や陰影、画質、構図、プロだからこその撮れる写真というのもが美点です。

春先、初夏、秋頃は外で過ごすのに気持ちがいい季節ならば神社で撮影するのも◎

それぞれ良い点があるので、あなたに合った撮影方法を選んでくださいね!

時期によってスケジュールが込み合うので気を付けてください。

お宮参りの写真をセルフで撮る場合のポイント

お宮参りの写真をセルフで撮る場合にポイントがあれば知りたい!

大変なお宮参り、簡単にセルフで撮影を済ませたい!という場合もありますよね。

セルフで撮影する場合のコツは以下の通りです。

お宮参りの写真をセルフで撮るには?
  • 自撮り棒や三脚を持参して撮影する
  • 背景を活かしていろんな角度から撮影する
  • 赤ちゃんの機嫌がいい間に撮影を済ませる

セルフで時間に左右されないところが一番のメリットですよね♪

良い写真を残すためにも、工夫してスムーズに撮影していきましょう!

自撮り棒や三脚を持参して撮影する

セルフで撮るなら、必ず自撮り棒や三脚の持参をしましょう!

これさえあれば、自撮りがかなりしやすくなりますよ。

本格的に撮影したい場合は、一眼レフやミラーレスを持っていくと思うので三脚があればタイマーで家族写真もしっかり撮れます。

セルフだと、他の参拝者に撮影をお願いしないと…。と憂鬱になりますよね。

撮影をお願いすることもなく、たくさんのショットを残せるので必ず持参するようにしましょう♪

背景を活かしていろんな角度から撮影する

セルフで撮る場合は、赤ちゃん1人での写真が多くなってしまいがちです。

季節を感じる背景や参拝場所が分かるよう角度を付けるなどして撮影するのがポイントです!

いろんな背景や角度からの写真が撮れると、あとから見返したときにも面白いのでおすすめですよ♪

赤ちゃんとママ、家族写真、きょうだいショットなどいろんな場面を残しましょう!

赤ちゃんの機嫌がいい間に撮影を済ませる

お宮参りは思っているより時間がかかるので、セルフで撮影する場合はタイミングを見計らって赤ちゃんの機嫌がいい間に撮影しておくのがおすすめです♪

この時期は一回寝てしまうと、何時間も寝たまま…。なんてこともありますよね。

目が開いて起きているショットを残したい場合や、お腹が空いていないタイミングを見計らって撮影していきましょう!

音が鳴るおもちゃを持参しておくのもいいですね♪

撮影を頼むとタイミングが難しいですが、セルフだからこそいいショットが残せる可能性もあるので様子を見ながら撮影に臨んでくださいね!

お宮参りの写真がいらないと言われる理由は?のまとめ

目を瞑っている赤ちゃん
  • お宮参りの写真がいらないと言われる理由には、「着物や正装での撮影が大変だから」「赤ちゃんの表情があまりないから」などがある
  • お宮参りの写真撮影が必要な理由には、「赤ちゃんの初めての外出記念になる」「家族全員揃った写真が撮れる」などがあり、いらないことはない
  • お宮参りの写真撮影で出張してもらう場合には、「待ち時間がない」「好きな場所を指定して撮影できる」などの特徴がある
  • お宮参りの写真をスタジオで撮影してもらう場合には、「衣装を豊富に選べる」「データを追加すると料金が発生することが多い」などの特徴がある
  • お宮参りの写真をセルフで撮る場合のポイントは、「自撮り棒や三脚を持参して撮影する」「背景を活かしていろんな角度から撮影する」などがある

赤ちゃんにとって一生に一度の行事、まずはみんながイベントを楽しむことが重要です。

お宮参りの写真はいらないかな?と悩んでいる場合は、貴重な思い出を残しておくことをおすすめします!

記憶に残る素敵な家族の思い出を作ってくださいね♪

着用後のクリーニングも一切不要でそのまま返せるレンタル産着♪

産着、帽子、よだれかけ、お守りの4点セットで借りられますよ!

往復の送料も含まれてこのお値段なので、本当に安い!と好評です。

コメント

advanced-floating-content-close-btn