【PR】

キャンメイクのコンシーラーの色選びと悩み別選び方!口コミやおすすめも♪ 

キャンメイクのコンシーラーの色選びと悩み別選び方!口コミやおすすめも♪  生活雑貨

キャンメイクのコンシーラーが気になっていますが、色選びはどうしたらいいのか教えてください!

キャンメイクのコンシーラーの色選びは、使い方や自分の肌の悩みなど焦点を当てて選ぶと失敗しないですよ♪

人気のキャンメイクのコンシーラーは種類が豊富で、色選びが難しいですよね。

これから、どうやって選んだらいいのか説明していきますね。

この記事でわかること
  • キャンメイクのコンシーラーの色選びの仕方
  • キャンメイクのコンシーラーの使い方や選び方
  • クマにおすすめのコンシーラー
  • キャンメイクのコンシーラーの口コミ評判
  • おすすめ紹介

実際の口コミをチェックするとどう色を選ぶといいのか見えてくるはずです

カラーミキシングコンシーラーは、ライトカラー・ナチュラルカラー・ダークカラーの3色入り!

なので、3色の色を自由に混ぜて好みの色を簡単に作れちゃいます♪

クマやニキビなど、気になる部分をサッとカバーできますよ♪

肌馴染みのよいパール配合で、ライトカラーはハイライトとして使えてパレット1つあるだけで助かります。

いろんな色のコンシーラー

キャンメイクのコンシーラーの色選びはどうしたらいいのかな?

気になる部分をカバーしたいです。

キャンメイクのコンシーラーの色選びの基本は、カバーしたい部分の色と反対の色を選ぶことで悩みを解消できますよ♪

カバーしたい部分の悩みによって色味が違い、使う人によって様々なのでコンシーラーの色選びは慎重にしたいですよね。

お悩み別コンシーラーの色選びの仕方を紹介するので、自分のカバーしたい部分はどの色がいいのか考えながら見てもらうと分かりやすいですよ。

代表的なお肌のお悩み
  • シミ、そばかす
  • ニキビ
  • クマ

シミ、そばかすをカバーしたいときは?

シミ、そばかすをカバーしたいときは自分の肌より暗めの色を選べばOK!

自分の肌より明るい色や白っぽい色を選ぶと、カバーした部分が逆に目立ってしまい不自然になります。

なので、肌より暗めの色を選べばシミやそばかすをカバーでき、自然な仕上がりになりますよ♪

ニキビを隠したいときは?

ニキビを隠したいときは、ベージュ系を選べば間違いなし!

赤みのあるニキビはベージュ系のコンシーラーを使うと綺麗に隠せますよ。

赤みの強いニキビの場合はイエロー系やグリーン系を塗り、その上に自分の肌に近い色のコンシーラーを重ねると自然に見えます。

塗りすぎると目立ってしまうので、少しずつ塗っていくと上手く仕上がりますよ。

クマを隠したいときは?

クマは3パターンあるので自分のタイプを知り、合う色を選びましょう♪

クマのタイプを無視して合わない色のコンシーラーを使ってしまうと、せっかくカバーした部分が目立って台無しになります。

なので、自分のクマがどんな色をしているのか知る必要があるという訳です!

クマのタイプと、おすすめカラーは以下の通りです。

クマのタイプ推奨カラー
黒いクマ(肌のたるみ)ベージュ系
オークル系
青いクマ(睡眠不足、血行不良、疲労)オレンジ系
茶色いクマ(色素沈着、紫外線によるもの)イエロー系

自分のクマのタイプが分かれば、コンシーラーの色選びが楽になりますね♪

ハイライトやアイシャドウなど様々な化粧品

キャンメイクのコンシーラーの使い方を教えてください!

気になる部分を上手にカバーできる方法もあれば、詳しく知りたいです。

キャンメイクのコンシーラーの使い方や選び方をマスターすれば気になる所をカバーでき、ベースメイクの仕上がりがよくなりますよ♪

クマ、シミ、ニキビ跡など、なかなかファンデーションだけではカバーしきれませんよね。

そこで、キャンメイクのコンシーラーの出番です!肌の悩みに合わせて選んで使えば解決できますよ。

まずは基本的の使い方をマスターして、理想的の肌に近づけちゃいましょう!

コンシーラーの順番と塗り方

ファンデーションタイプによってコンシーラー塗る順番変えたり、塗り方に気を付けると綺麗に仕上がります

コンシーラーを使うときに気を付けたいのが、ファンデーションによって塗る順番とタイプによる塗り方です。

順番を間違えてしまったり、塗り方が不十分だったりすると上手くカバーできず悪目立ちするので注意したいポイントです!

コンシーラーの順番と塗り方は以下の通りです。

順番と塗り方
  • ファンデーションがパウダーの場合はコンシーラーの先に使う
  • そして、ファンデーションがリキッドやクリームの場合はコンシーラーを後で使う
  • スティックタイプなど固めのコンシーラーは、塗った後は指などでトントンと叩いて馴染ませる
  • リキッドタイプのコンシーラーは、ブラシやチップで少量を置いたら指やメイクスポンジなどで優しく馴染ませる

キャンメイクのものに限らず、どのコンシーラーも基本的に同じ使い方なので抑えておきたいですね

次はコンシーラーの選び方を見ていきましょう。

コンシーラーの選び方

コンシーラーの選び方カバーしたい部分合ったタイプを選ぶことが肝心です

テクスチャーのタイプによって使う部分や範囲が違ったり、カバー力が変わるので選び方には気を付けましょう。

テクスチャーが硬め、やわらかめのコンシーラーの特徴は以下の通りです。

コンシーラーのテクスチャーの違い
  • テクスチャーの硬いコンシーラー
    • カバー力が高い
    • 厚塗り感が出やすい
    • 広範囲に不向き
  • テクスチャーのやわらかいコンシーラー
    • 伸びが良い
    • 広範囲のカバーに向いている
    • 濃い色の悩みには不向き

テクスチャーの違いを参考にタイプ別のコンシーラーの選び方を見てみましょう。

パレットタイプ

複数の色が入っているので使い分けができ、ポイントカバーに向いていますよ♪

パレットタイプは複数の色が入っているものが多く、重ね付けや混ぜ合わせて使えます。

テクスチャーが硬めなので、広範囲に使うよりニキビなどのポイントカバーに使うことをおすすめします♪

気になる部分にあった色を自分で作ってカバーできるのはパレットの強みです。

スティックタイプ

スティックタイプ硬めカバー力良いのでニキビなどに最適です

スティックタイプはリップのように繰り出しタイプが多いので、気になる部分に塗りやすいですよ。

テクスチャーが硬めで伸びは良くないので、ポイントカバーに向いています。

気になるニキビやホクロをカバーしたい時に便利ですね。

リキッドタイプ

リキッドタイプは伸びが良いいので、厚塗り感がなく自然なカバー力があります♪

目元や口元のカバーはもちろん、広い範囲に薄く伸ばして使えます。

気になる部分には重ね付けできますし、調整がしやすいですよ。

コンシーラーを初めて使う場合はリキッドタイプを選ぶと使いやすいかもしれません。

コンシーラーを使う女性

キャンメイクのどんなコンシーラーがクマをカバーするのに向いていますか?

キャンメイクのコンシーラー初心者さんでも使いやすくてクマをカバーが期待できるおすすめの商品が、「カバー&ストレッチコンシーラーUⅤ」です。

肌の悩みをカバーするだけじゃなく、紫外線予防と乾燥を防ぐ優れもの♪

早速、どんなコンシーラーなのか詳しく説明していきますね♪

カバー&ストレッチコンシーラーはヨレたり浮きにくいのも特徴の1つで、ベースメイクの悩みも解消してくれます。

そして、光効果でクマはもちろん、色ムラや毛穴、小ジワなどをカバーできますよ。

水、汗に強いウォータープルーフタイプなので、ベタ付やテカリ、色ぐすみを抑えてくれます。

目元は動きがあるので、やわらかいテクスチャーの方がピッタリで、リキッドタイプはコンシーラー初心者さんも使いやすいですよ♪

詳細
  • カラーバリエーション
    • 2色(01・02)
  • 01(ライトベージュ)
    • Tゾーンや目元、クマ、口元、頬、小鼻のくすみ赤みに最適
  • 02(ナチュラルベージュ)
    • 目元、頬のシミやそばかす、ニキビ跡に最適

パウダーファンデーションの前にクマに直接塗り、指先で軽くたたき込むように馴染ませます。

リキッドファンデーションやクリームの場合は後に使い、最後にフェイスパウダーをのせると自然な仕上がりになりますよ♪

レビューの文字と花

キャンメイクのコンシーラーの口コミ評判はどうでしょうか?

キャンメイクのコンシーラーはプチプラで試しやすく人気があり評判が良いですが、デメリットもありました。

アットコスメの口コミを元に、キャンメイクのコンシーラーについて多かったデメリット、メリットをまとめましたよ♪

キャンメイクのコンシーラーをリピート買いしていたり、使い方を理解していたりする場合には良い口コミを書いていることが分かりました!

一方で、使い方や選び方をあまり知らない場合に低評価を付けている傾向が見られました。

では、まずはどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

キャンメイクのコンシーラーのデメリット

キャンメイクのコンシーラーを試してみてみたいけど、デメリットも知っておきたいです!

キャンメイクのコンシーラーは選び方や使い方を知れば、デメリットを解決できますよ♪

キャンメイクのコンシーラーのデメリット
  • クマはあまり隠せなかった。
  • 使い方がわるいのか、上手くカバーできませんでした。
  • 色選びが難しい!

キャンメイクのコンシーラーの良い口コミを見て使ってみたが合わなかった、上手くカバー出来なかったという意見もありました。

パレットタイプのコンシーラーはカバー力がありますが、使い方が少し難しいかも知れません。

キャンメイクのコンシーラーは4種類あるので、自分の肌の状態やどこをカバーしたいのか、どんな仕上がりにしたいかを決めておくと選びやすいですよ。

キャンメイクのコンシーラーのメリット

キャンメイクのコンシーラーのメリットはなんですか?

キャンメイクのコンシーラーは試しやすい価格なのにカバー力があるなどメリットがたくさんありましたよ♪

キャンメイクのコンシーラーのメリット
  • 気になっていたシミが隠せました♪
  • クマ、小鼻の赤み、ニキビ跡などカバーできました。プチプラでこのクオリティは嬉しいです♪
  • カバー力があり、厚塗り感も全然なかったです!
  • 目元のクマ、口元のくすみに使用しました。密着力が高く、時間が経ってもヨレないです♪

キャンメイクのコンシーラーを使う時は少しコツが必要かもしれませんが、色選びなど気を付ければ口コミのように気になる部分をカバー出来ますよ♪

SNSやインフルエンサーさんの使い方を見てリサーチして使ったら、綺麗にカバー出来たという意見もありました。

プチプラで挑戦しやすい価格も良さですので、まだ迷っているようであればぜひ試してみてくださいね。

いろんなタイプのコンシーラー

キャンメイクのコンシーラーのおすすめを教えてください!

キャンメイクのコンシーラーは種類があって迷いますが、肌の悩みやタイプ別に選んでみてください♪

いざ購入しようとしても、どんなコンシーラーが自分にあっているのか悩んでしまうと思います。

そこで、キャンメイクのコンシーラーでおすすめの3タイプを紹介します!

おすすめしたいコンシーラーは以下の通りです。

  • パレットタイプ【カラーミキシングコンシーラー】
  • スティックタイプ【カラースティックコンシーラー】
  • ペンシルタイプ【アイバッグコンシーラー】

パレットタイプ【カラーミキシングコンシーラー】

パレットタイプコンシーラー無い色を自分で作れどんな肌の悩みカバーできちゃいます

キャンメイクのパレットタイプコンシーラーは、1つパレットにライトカラー・ナチュラルカラー・ダークカラーが入っているのでマルチにカバーできます。

ライトカラーにはパール・ラメが配合されているので、ハイライトして使えますよ。

ナチュラルカラーは赤みやくすみ、ダークカラーでニキビやシミをカバー!

カラーバリエーションは4タイプで、悩みに合わせて選べるので嬉しいですね。

  • 01(ライトベージュ)
    • 明るめのベージュ系のパレット
  • 02(ナチュラルベージュ)
    • 標準的なトーンのベージュ系のパレット
  • 03(オレンジベージュ)
    • オレンジとベージュ系のパレット
  • 04(レッドベージュ)
    • 赤とベージュ系のパレット

パレットには、色を混ぜられるスペースがあるので自分だけの色を作れます。

スティックタイプ【カラースティックコンシーラー】

キャンメイクのスティックタイプコンシーラーはポイントカバーにピッタリ!

カバー力があるので、ニキビやシミなど気になる部分に最適です。

キャンメイクのスティックタイプのコンシーラーは、ヨレにくく、長時間カバーしてくれますよ。

カラーバリエーションは3色で、悩み別に選べるのでカバーしたい部位に合わせて使えます。

  • 01(ナチュラルベージュ)
    • シミやそばかす、ニキビ跡
  • 02(ベージュオークル)
    • 濃いニキビ跡、シミ
  • 03(アプリコット)
    • 青クマのカバー

気になる部分に塗ったら、指やメイクスポンジで軽く叩いて馴染ませましょう。

ペンシルタイプ【アイバッグコンシーラー】

話題の涙袋用コンシーラーで、理想の目元が作れちゃいますよ♪

キャンメイクの涙袋コンシーラーは細い芯でやわらかいので注意が必要ですが、自然な目元を作りたい時に活躍します!

汗や涙にも強いウォータープルーフタイプなので、こすれに強く長時間キープできますね。

カラーバリエーションは3色で、なりたい目元に合わせて使い分けできるのもポイントです。

  • 01(イエローベージュ)
  • 02(ピンクベージュ)
  • 03(ピーチオレンジ) 

使い方は、ぷっくり見せたい部分にラインを描くように塗り指でぼかして仕上げます。

リキッドファンデーションと化粧筆
  • キャンメイクのコンシーラーの色選びは、使い方や肌の悩みに合わせて選ぶとよい
  • キャンメイクのコンシーラーの色選びで、シミ、そばかすをカバーするなら自分の肌より暗めの色を選ぶ
  • キャンメイクのコンシーラーの色選びで、ニキビを隠したいならベージュ系などを選ぶ
  • キャンメイクのコンシーラーの色選びで、クマを隠したいならタイプ別で選ぶ
  • キャンメイクのコンシーラーの使い方と選び方は、塗る順番を守る、肌の悩み、コンシーラーのタイプなど
  • キャンメイクのコンシーラーでクマをカバーしてくれるのは、リキッドタイプで調整できて使いやすい
  • キャンメイクのコンシーラーの口コミのデメリットは、色選びが難しい、上手くカバーできないなど
  • キャンメイクのコンシーラーの口コミのメリットは、カバー力がある、時間が経ってもヨレないなど

キャンメイクのコンシーラーは色選びが少し難しいですが、自分の肌の悩みやカバーしたい部分に合ったものを選んでみてください。

お悩み別の選び方やコンシーラーのタイプなども是非参考にしてみてくださいね。

キャンメイクのカラーミキシングコンシーラーさえあれば、肌の悩みは解決!

3色入りのパレットタイプになっているので、カバーしたい部分に塗るだけです。

肌に合うように色を混ぜて調節できるのも画期的です♪

パレット1つあればニキビやシミ、そばかす、クマなど気になる悩みとバイバイできそうですね。

コメント

advanced-floating-content-close-btn