【PR】

日焼け止め前の乳液はいらない?役割や塗る順番!代わりになる商品紹介♪

日焼け止め前に乳液はいらない?役割や順番!代わりになる商品紹介♪ ライフスタイル

日焼け止めを塗るなら乳液はいらないですか?

日焼け止めだけでは乾燥してしまうので、肌を守るために乳液はいらないことはありません。

両方塗るのはベタつくし、日焼け止めを使うならいらないのでは?と悩むことがあると思います。

乳液はいらないと思われがちですが、全く違う役割を持っているので日焼け止め前に塗るのがおすすめですよ♪

この記事でわかること
  • 日焼け止めを塗るなら乳液はいらない?役割は?
  • 日焼け止めと乳液を混ぜて使ってもいい?
  • 日焼け止めと乳液の塗る順番は?
  • 日焼け止めに乳液代わりになるものはある?

夏はもちろん、冬でも紫外線対策に日焼け止めは必須ですよね。

乳液代わりになる日焼け止めもたくさん紹介しているので、合うものを見つけて紫外線対策の悩みに是非お役立てください♪

おしろい効果でテカリと毛穴レスで1日「つや玉」肌をキープ♪

ガッツリ化粧はしたくないけど、くすみや毛穴はカバーしたい日などは化粧水の後に塗って上からフェイスパウダーを乗せてもいいかもしれません。

UVカット効果は日焼け止めと同じなので、絶対焼きたくない日に使いたいですね。

日焼け止めを塗るなら乳液はいらない?役割の違いは?

スキンケアをどれにするか悩む女性

日焼け止めを使うなら乳液はいらないですか?

テクスチャーとか似てるけど日焼け止めと乳液の役割はなんですか?

日焼け止めだけでは乾燥してしまうので、肌を守るために乳液を使ってうるおいを保ちましょう♪

日焼け止めを使う日は乳液を使わなくていいのかな?と思ったことはないでしょうか。

私もテクスチャーが似ているし、何となく乳液と同じだからいらないのでは?と思っていた中の1人です。

しかし、気になって調べてみると日焼け止めと乳液は全く違う役割をするものだということ、いらないどころか大切ということが分かりました。

しかし、肌に合わないなどトラブルになりやすい場合は使用を控えた方がいいので、気を付けましょう。

日焼け止めの役割

日焼け止めの主な役割は、紫外線が肌の内部まで届かないように防ぐことです。

製品にもよりますが、美白やトーンアップ効果が期待できる成分が含まれているものがありますよ。

日焼け止めに抗酸化成分が含まれているものは、紫外線を浴びてもその影響を小さくしてくれる働きがあるので焼けたくない場合は選んでみてください♪

抗酸化成分とは、活性酸素の発生や働きを制御したりそのものを取り除いたりする成分です。

乳液の役割

乳液の主な役割は、肌の水分の蒸発を防ぎ保湿することです。

乳液は化粧水で与えた水分をつなぎとめる働きがあるので、肌の乾燥を防ぎうるおいを持続させてくれます。

乾燥で硬くなった角質を柔らかくし、なめらかな肌に導いてくれるなどの嬉しいことがありますよ♪

うるおいを保ち、気になる乾燥小じわなども目立ちにくくなる効果も期待できそうです!

乾燥を防ぎたいなら乳液は必須アイテムですね!

日焼け止めと乳液は混ぜるのはアリ?ナシ?

スキンケアを手にとる女性

日焼け止めの伸びが悪いので乳液を混ぜて使っていいですか?

日焼け止めと乳液を混ぜると伸びは良くなりますが、成分までは混ざり合わないので別々で使った方がムラにならず肌に負担もかけません。

SNSでは、「日焼け止めは塗りたいけど乾燥が気になる」という悩みから、乳液を混ぜて使っているという声や伸びがありました。

他にも、「伸びが良くないから混ぜている」という意見もありましたよ!

しかし、日焼け止めと乳液は混ぜて使っていいのか、効果が薄れないのか気になりますよね。

混ぜていい?効果は?
  1. 日焼け止めと乳液は混ぜていい?
  2. 日焼け止めと乳液を混ぜたら効果は薄れる?

日焼け止めと乳液は混ぜていい?

日焼け止めと乳液は、混ぜて使うより別々に使った方がそれぞれの効果が発揮されますよ♪

日焼け止めと乳液を混ぜても、成分が完全に混ざり合うことはなく結果的にムラになったりし、化学反応を起こす可能性もあるかもしれないので注意が必要ですよ。

なので、絶対に日焼けしたくない場合は別々に使うことを推奨します。

日焼け止めの伸びがよくないのであれば、伸びのいいタイプに変えたりテクスチャーを選び直すのも良いですね。

絶対に混ぜてはいけない訳ではなく、混ぜて使っていると発信している有名な美容家さんもいらっしゃるので最後は自己判断にはなります。

日焼け止めと乳液を混ぜたら効果は薄れる?

日焼け止めと乳液を混ぜると効果は薄れてしまうので日焼けしたくないなら混ぜない方が良いですよ♪

混ぜると伸びがよくなり塗りやすくはなりますが、効果はどうでしょうか。

日焼け止めを肌に塗ると「化粧膜」という膜がおおってくれて、紫外線から守ってくれます。

しかし、乳液を混ぜると化粧膜が薄くなったり均等にならなくなったり本来の効果を発揮してくれません。

そのため、日焼け止めと乳液は混ぜずに別々に使った方が肌に良いですよ♪

日焼け止めと乳液と順番は?どっちが先?

クリームを肌に塗る女性

日焼け止めと乳液、塗る順番はあるのか…。

あるなら正しい順番を知りたいな。

スキンケアを優先したいので、日焼け止めの前に乳液を使いましょう♪

日焼け止めと乳液をどっちから塗ろうか迷ったことはないでしょうか。

早速、気になる順番をお知らせします。

日焼け止めと乳液の順番
  • 化粧水

    肌に充分な水分を与える

  • 乳液

    水分が蒸発しないようにフタをして保湿

  • 日焼け止め

    乳液後少しおいてからムラにならないように塗る

日焼け止めのせいで乾燥してしまいがちなので、保湿はしっかりしましょう。

日焼け止めで乳液代わりになるおすすめ商品6選♪

日焼け止め2本

日焼け止めで、乳液代わりもしてくれる商品はありますか?

日焼け止めには乳液タイプなども製品も販売されいるので、ちょっとでもメイクの時間を時短したい忙しいママ!面倒くさがりさんにピッタリ♪

日焼け止めに保湿成分が配合されていたり乳液にUVカット成分が入ったものだったり様々な製品が販売されています。

時短したい、手間を省きたい!を叶えてくれる商品を楽天やAmazonのランキングなどをもとに紹介していきますね。

紹介するおすすめの日焼け止めは以下の5つです。

おすすめ日焼け止め乳液
  • ELIXIR(エリクシール)
    • バランシングおしろいミルク
  • LA ROCHE-POSAY(ラロッシュポゼ)
    • UVイデアXLプロテクショントーンアップ
  • DECORTE(コスメデコルテ)
    • サンシェルターマルチプロデクショントーンアップCC
  • MINON(ミノン)
    • ミノンUⅤマイルドミルク
  • madam YOSHIKO(マダムヨシコ)
    • UVモイストミルク
  • ANESSA(アネッサ)
    • パーフェクトUⅤスキンケアミルク

ELIXIR【バランシングおしろいミルク】

柔らかいテクスチャーで伸びがよく、肌なじみもよくみずみずしく仕上がります。

皮脂と水分のバランスを整え、うるおいがある肌をキープできますよ。

化粧水の後はコレ1本で乳液、日焼け止め、化粧下地の3役こなしてくれるから時短になりますね♪

SPF50+とPA++++です!

LA ROCHE-POSAY【UVイデアXLプロテクショントーンアップ】

肌にうるおいを与えつつ、トーンアップしてくれるので透明感が出ますよ♪

ラロッシュポゼは敏感肌でも使えると、美容系インフルエンサーやYouTube、雑誌などでも紹介されている人気商品です。

乳液代わりや化粧下地の役割もしてくれるので時短にもなりますね。

SPF50+、PA++++なので日焼け止めとしても期待できそうですね。

DECORTE【サンシェルターマルチプロデクショントーンアップCC】

伸びがよく塗り広げやすいテクスチャーで透明感のある素肌を演出できますよ♪

トーンアップはもちろん、毛穴やシミなどもカバーしてくれるので嬉しいですね。

化粧水の後、乳液代わりとして使えるだけではなく化粧下地の役割もあるからコスパも良いですよ。

SPF50+、PA++++です。

MINON(ミノン)【ミノンUⅤマイルドミルク】

サラッとしていてべつきにくいので、毎日のスキンケアや化粧下地としても使えます。

敏感肌向けといえば、ミノンですが日焼け止め乳液が出ていることを知っていましたか。

知らなかったので、私のようにまだ知らない敏感肌さんに伝えたくて選びました。

低刺激で肌にやさしく子供(6ヵ月以上)もOKなので、家族みんなでシェアできますね♪

SPF50+、AP++++です。

madam YOSHIKO【UVモイストミルク】

保湿クリームとしても使えますし、1日中しっとりとうるおいが持続して乾燥知らず♪

肌に優しく、しっとりとした保湿クリーム級の日焼け止めです。

化粧下地にもなるので、色々重ね塗りしなくてもよくなり肌に負担もかかりませんね。

成分にとことんこだわった、優しい日焼け止めです。

SPF32+、AP+++です。

ANESSA【パーフェクトUⅤスキンケアミルク】

うるおいを保ちつつ紫外線対策ができ、比較的手に入れやすい日焼け止めミルクです。

ドラッグストアの日焼け止めコーナーに必ずと言っていいほど陳列されているアネッサは、私も毎年お世話になっています。

乳液タイプで伸びがよく、肌なじみがいいのが特徴でうるおい成分も配合されています。

SPF50+、PA++++です。

日焼け止め塗るなら乳液はいらない?のまとめ

手のひらにハート
  • 日焼け止めだけでは乾燥してしまうので、肌のうるおいを守ってくれる乳液はいらないことはない
  • 日焼け止めの主な役割は、紫外線が肌の内部まで届かないように防ぐこと
  • 乳液の主な役割は、肌の水分の蒸発を防ぎ保湿すること
  • 日焼け止めと乳液を混ぜるのは、効果が薄れてしまうためおすすめしない
  • 日焼け止めと乳液を塗る順番は、化粧水の次が乳液で日焼け止めが後
  • 日焼け止めで乳液代わりになるのは、ELIXIRのバランシングおしろいミルクANESSAのパーフェクトUⅤスキンケアミルクなどがある

日焼け止めを塗るから乳液はいらないかなと思ったり、両方塗るとベタ付いたり気になったりすることが色々あると思います。

「いらない」や塗る順番などの疑問や悩みを解決できるような記事になっているので、参考にしていただけたら幸いです。

1本で乳液・日焼け止めの役割をしてくれて、おしろい効果もあってコスパ最高!

何度も塗り重ねる手間も時間も省けるので忙しいママさんや面倒くさがりさん必見です。

うるおいも保ってくれるので、乾燥の心配もないですよ。

コメント

advanced-floating-content-close-btn